海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

なぜ海水魚飼育?

なぜ海水魚を飼育するのか?

まず、ご自宅にに海水魚が泳いでいることを想像してみてください。また、お客さんが来たときの反応を想像してみてください。

必ず「うわー綺麗!!、可愛い!!」と言います。間違いなく・・・。

そして、大きなTVでも、綺麗なキッチンでも、高級なソファーでもなく、なにより先に水槽の前にへばりつきます。そして離れません!
本当に好きな人は10~20分へばりつきます(笑)。

自分のことを振り返ってみると、6年前までは主に淡水魚の飼育をやっていたのですが、引越しの関係でリセットすることになってしまいました。

そして再スタートするに当たり、どうせなら、難易度が高く(と思っていた)より綺麗な海水魚を飼ってみようと思い立ったわけです。実際にショップに行った時に見かけていた。淡水魚にはない、極彩色の魚達は憧れでもありました。

a0027_000069.jpg


そんな魅力ある海水魚飼育に是非あなたもチャレンジしましょう!!

ちなみに海水魚飼育に淡水魚飼育等の経験は必要ありません。簡単ではありませんが決して難しくはありません。
きちんと設備を整えて、環境を整えれば誰でも長期飼育は可能です!
スポンサーサイト

| 飼育を始める前に | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

信頼できるショップ選び

信頼できるショップを選ぶこと。

私が住んでいるエリアには、飼育開始時には5軒の海水魚ショップがありました。

①ホームセンター内
②商業施設内に専門店が出店
③チェーン店
④個人経営店
⑤②の系列店

今現在は④個人経営店でしか、生体は買いません。
なぜか・・・?

④以外のショップで買った生体は長期飼育できた試しがないからです!

ちなみに器具や餌も急ぎの場合は同じ店から購入し、そうでない場合はネットショップを利用しています。

④のお店は、昔からあるペットショップで、小鳥、淡水魚、海水魚しか扱っていません。
お店も狭くお世辞にも綺麗なお店ではありません。
初めて入ったときの印象は、「狭くて、入りにくいなぁ」でした(笑)。

それでも何度か出入りして、海水魚を始めたいという事情を話すと色々と相談に乗ってくれました。
水質が安定するまでは、水質の検査もやってあげますよと言ってくれました。
その後も、この店を中心にあらゆる生体を購入しましたが、結果は上記のとおりです。

つまり海水魚飼育をスタートするに当たり、最初に行うことは、

「どの店で生体を買うか?」の選択です。


そうは言ってもスタート時から見極めるのはなかなか難しいですので、見極めるポイントをまとめてみました。

やめたほうがいいお店

①水槽内に死んだ(死にそうな)魚がいる。

 ⇒開店時に死んだ魚が水槽にいるということは、店員が確認できていないからです。
  つまり、ろくな管理をうけていないということです。
  購入時に元気に見えても、かなりのストレスを受けている可能性が高いです。
  自宅水槽への移動というさらなるストレスで・・・。
  
②専門以外のショップ

 ⇒片手間で販売しているショップは避けましょう。出来れば海水魚専門店が理想です。


これがあると信頼できるお店

①魚の入荷日が記入してある(店員さんが記憶している)

 ⇒きちんと管理できているショップは生体の入荷日を記録して、場合によっては掲示しているか、
  もしくは店員さんがだいたい憶えています。
  日々の餌の食べ具合なども把握しているので、欲しい生体に関して有力な情報を得られます。
  状態によっては、販売してくれないこともあります。(お客様目線で素晴らしいです)

②レベルの高いサンゴ水槽がある

 ⇒特にミドリイシなどのハードコーラルと呼ばれる管理の難しいサンゴの水槽があり、
  サンゴがしっかりポリプを広げているようなお店は信頼性が高いです。
  簡単にいえば、南の海にいそうなサンゴが、綺麗に見える水槽があるかどうかです。
  片手間でやっている店では絶対に不可能です。
  
  
ネットショップでもいいお店はたくさんあるのですが、まずは自分の目と足で確認してみましょう。

| 飼育を始める前に | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

飼育に当たっての心構え

海水魚をこれから飼おうと真剣に検討されている方には余計なことかもしれませんが、海水魚を飼うということは生き物を飼う上での最低限のマナーである。

「最期まで責任をもって飼う」

ことを肝に銘じておいていただきたい。

海水魚は思った以上に長生きをします。きちんと管理できていれば、3年~5年は生きます。
状態が良ければ、5年以上生きることも珍しくありません。事実、我が家のカクレクマノミは6年目に入っています。

まず、飼うかどうかを決定する前に5年程度飼い続けることができるかどうかを自問してください。
そしてその覚悟ができた方のみ、飼育に当たっての準備を始めてください。

また、彼らは「大自然の中で生きることを私達によって奪われている」ことも心の片隅に置いておいて下さい。
それゆえに自分のできる範囲内でのことは可能なかぎりしてあげて、1日でも長生きできるようにしてあげましょう。

それこそが私達が出来る唯一の恩返しであり、海水魚飼育にチャレンジする人の義務でもあります。
このブログをご覧頂いた方に少しでもそのお手伝いになれば幸いです。

| 飼育を始める前に | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。