海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

磯採集に行こう! 夏休みの自由研究にも最適 準備編

アブラゼミも鳴き始め、子供たちの夏休みもいよいよ始まりましたね。

混雑した海水浴場をちょっと離れた磯場の潮だまり(タイドプール)には、アクアリストも魅了する魅力的な生き物がたくさんいることをご存知でしょうか?

夏休みの自由研究にも最適な「磯採集」
に家族で出かけてみてはいかがでしょう。
もちろん大人は本気モードですが(笑)

taidopu-eu.jpg

取り方は難しくありませんがコツが入ります。

基本はタモの二刀流!!

両手にタモを持ち、一方は固定。
もう一方でその網に追い込んで行きます。

タモはホームセンターで売っているようなもので十分です。
捕虫用アミはメッシュが細かく、水中では上手く動かせないので魚用のタモをご準備下さい。



フィッシュハンター伸縮DXSB30DX
by カエレバ




足元の装備も重要です。

サンダルや裸足は厳禁です!!

牡蠣や岩で足を切ってしまいます。
使い古したスニーカーなどを必ず履くようにして下さい。

水に濡れた靴を持ち帰りたくないというような方にはマリンシューズというものもあります。
ワンシーズンくらいしか持ちませんが、安価なので気にはなりません。
デザイン的にも優れたものが多いので電車に乗っても恥ずかしく無いです(笑)



アルカ(alka) マリンシューズ ブルーM F1506A-27M
by カエレバ




さて、首尾よく採集に成功したら、自宅まで持ち帰らなければいけません。
絶対に必須なのが携帯用のエアーポンプ。
特に魚の場合は酸欠になってしまうので、絶対に必要です。



ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-707B
by カエレバ
関連記事

| 磯採集に行こう! | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/106-e59e0c50

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。