海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

海水をつくろう!

いよいよ海水を作りましょう。

海水=塩水ではありません。よって水に食塩を入れれば、海水になるわけではありませんのでご注意ください。

海水には塩分の他に、カルシウムやマグネシウムなど様々なミネラルが溶け込んでいます。

そこで、「人工海水の素」を利用します。

見かけは普通の塩ですが、水に溶かせば海水になるというわけです。
いずれ水換えなどでたくさん必要になるので、多めに買ったほうがお得です。

海水を作るときに注意すべきなのは、比重です。海水の濃さと言えば分かりやすいかもしれません。
これを測るには比重計というものが必要です。2000円程度で購入できます。必須ですので購入しましょう。

海水の素を溶いた水に比重計を沈めて比重を計ります。1.020~1.024の間にあれば、ちょうどいい濃さになっています。

バケツ等に水のいれる量とコップ等に人工海水の素を入れる量をいつも決めておけば、比重は常に一定ですので楽に海水が作れます。


私もはじめは人工海水を使用していましたが、「同じ趣味をもつ宅配便のお兄さんに海の水も使えますよ」と聞いてからは、車で10分程度のところにある岩場で海水を汲んできて使用しています。
かなり比重が高く、いつも比重計を振りきっています。

はじめは寄生虫や病気が怖いなぁと思っていましたが、しばらく使用してなんともなさそうなので、それ依頼天然海水を使用しています。

時々おまけでヤドカリとかも採ってきますね。青森の海なので毛むくじゃらのイカツイやつですが・・・。
関連記事

| 生体導入準備 | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/13-48e25185

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。