海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

最初の生き物は目に見えない??

水槽に海水が入ったので、いよいよお魚を・・・と行きたいところですが、ここはじっと我慢です。

海水を入れただけの水には濾過バクテリアというものが全くいません。彼らが棲み付いてくれないと水の浄化作用が進まないのです。

その為に、海水を入れたら今度はこのバクテリアを入れてあげしょう。

「バクテリア製剤」

手っ取り早いのはバクテリア製剤を使用すること。結構な、お値段しますが、初期投資と思って準備しましょう。

「ライブロック」

またライブロックを入れるという手段もあります。
ライブロックとは、海の中にある自然の岩のことです。岩と言っても石ではなく、サンゴの死骸です。サンゴの死骸は小さな穴がたくさん空いていて、その中に様々な微生物が住んでいます。中にはカニやゴカイなどのがおまけでくっついいてくることがあります。

お店ではkg単位で量り売りしてくれます。状態のいいものですと3,000円程度します。ピンクや紫の石灰藻というコケがびっしり付いているものが状態がいいです。
白くなっているものは安いですが、ライブどころかデスロック状態なので避けたほうが無難です。

バクテリアが濾材に住み着いて生物濾過が安定するまでは1~2ヶ月はかかります。
この間はパイロットフィッシュと呼ばれる丈夫で小さな魚をいれて様子を見ましょう。
関連記事

| 生体導入準備 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/14-6654d369

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。