海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

最も楽しい時間です。 そう「餌やり」です!

餌やりは海水魚飼育の中で最も楽しい時間です。
しかし、与え方を間違えたりすると、水質の悪化を招くことにもなりますので注意しましょう。

餌の種類には、フレーク、粒状、クリル、冷凍餌、生餌の4種類があります。

「フレーク、粒状」

フレークや粒状のタイプの餌が最もおすすめです。
これらの餌は栄養素等を考慮され、バランスがいいのです。
また水を汚しにくいというメリットもありますので、はじめのうちはこちらで十分です。
ただし、海水魚専用のものを選びましょう。

フレーク状のものは、はじめは浮いていますが、次第にゆっくりと沈んでいきます。魚の大きさに関係なく、食べることができます。

粒状のものは、浮くものと沈むものがありますので確認しておきましょう。
フレークと異なり、大きさも選べますので、飼っている魚の口のサイズに合わせて購入してやる必要があります。
間違ったサイズのものを買ってしまうと、口に入らないなんてこともあります。そんな時は少し手で潰してから与えれば問題ありません。

「クリル」

小粒のエビの乾燥タイプの餌です。魚が大好きで、色揚げの高価もあります。それでも、やや大きめのことが多いので、少し砕いてからあげるといいです。

「冷凍餌」

ブラインシュリンプ(ミジンコのようなもの)などを冷凍している餌です。非常によく食べます!その一方で水は汚れます!
与える際は、解凍して出てきた水はなるべく入れないように気をつけましょう。

「生餌」

生餌という概念は多分ないと思いますが、私は時々スーパーで売っているアサリやホタテの稚貝(青森県では一般的なので)を与えています。
冷凍しておいて、解凍した際に、殻を開いて水槽にポチャンです。好きなときに与えられますし、意外と手間はありません。


個人的に餌付けで苦労したことはありませんが、ショップで与えている餌を聞いて、同じ餌を購入するのが最も安全です。

購入した直後は落ち着かせるために、1日2日開けても構いません。
その後、与える量を少しづつ増やしていき、2,3分で食べきれる量にしましょう
また、餌やりは1日に1回で十分です。与え過ぎは水質の悪化を招くので注意しましょう。
関連記事

| その後の維持管理 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/18-5fd7427b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。