海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

旅行や出張中の対策

海水魚飼育を続けていく中で、必ずと言って発生するのが、旅行や出張中はどうしたらいいのかという問題。

ですが、そんなに心配することはありません。

魚たちは水槽が安定していれば2~3日放ったらかしでもなんてことはありません。

また、どうしても心配という人は、餌を定期的に与えてくれる装置などもありますので利用するといいでしょう。

ちなみに私の経験では、最長で3ヶ月出張で家を開けたことがあります。
さすがにその時は、夏ということもあったのですが困りました。
まず餌については、自動給餌装置を購入し、対応することにしました。

最も困ったのは水換えでした。
こちらは父にお願いしてなんとか乗り切りました。
海水の作り方から、レクチャーしましたが全く問題なかったようです。
また、何かあれば行きつけのショップの店員さんに聞くように行っておきました。
ショップの方にも事情を説明し、万一の時は駆けつけてくれるようにお願いしました。日頃の付き合いが生きたことを実感した日でした。

さすがに数ヶ月の不在というのはあまり発生しないと思いますが、最低限の水換えをきちんとやってあげれば、それほど問題は発生しないというのが分かっていただけると思います。

ただ、水換えをお願いできる人が近くにいないという人は、
「ショップに預かってもらう」
という手段があります。
もちろん日頃からの信頼の蓄積がモノを言いますが、きちんと事情を説明すれば、快く受け入れてくれると思います。
関連記事

| その後の維持管理 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/23-5c5a4877

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。