海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

イソギンチャクを飼いたい。

クマノミと言えばイソギンチャクとの共生が有名です。

クマノミ自体はイソギンチャクがなくても全く問題なく飼うことができますが、その姿を自分の目で見てしまうと一度はチャレンジしてみたくなるものです。

しかしながら、イソギンチャクの飼育は少し難しいのでご注意ください。

まず必須なのは、

強い照明とクーラーです。

イソギンチャクはサンゴと同じように体内に褐虫藻という生物を取り込んで光合成による栄養補給を行っています。
餌も食べますが1ヶ月に1度くらいで十分なので、光合成による方が比率的には大きいようです。

また、夏場の高水温には弱く、クーラーがないと溶けるように死んでしまいます。

さらに厄介なことに、イソギンチャクは移動するのです。
時に何を求めているのかわからないほど移動します。

そして、運悪くポンプの吸込口にはまってしまったり、粉々になって死んでしまうと水槽内は一気に崩壊します・・・。

私も過去に1度だけ挑戦しましたが、ポンプにはまり込んでしまい死んでしまいました。ちゃんとカバーはしていたのですが・・・。


ただ諦めるのはまだ早いです。
弱い光でも飼育できるイソギンチャクもいますし、ソフトコーラルという種類のサンゴに入ることもあります。
関連記事

| イソギンチャクにチャレンジ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/25-6537dd71

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。