海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

信頼できるショップ選び

信頼できるショップを選ぶこと。

私が住んでいるエリアには、飼育開始時には5軒の海水魚ショップがありました。

①ホームセンター内
②商業施設内に専門店が出店
③チェーン店
④個人経営店
⑤②の系列店

今現在は④個人経営店でしか、生体は買いません。
なぜか・・・?

④以外のショップで買った生体は長期飼育できた試しがないからです!

ちなみに器具や餌も急ぎの場合は同じ店から購入し、そうでない場合はネットショップを利用しています。

④のお店は、昔からあるペットショップで、小鳥、淡水魚、海水魚しか扱っていません。
お店も狭くお世辞にも綺麗なお店ではありません。
初めて入ったときの印象は、「狭くて、入りにくいなぁ」でした(笑)。

それでも何度か出入りして、海水魚を始めたいという事情を話すと色々と相談に乗ってくれました。
水質が安定するまでは、水質の検査もやってあげますよと言ってくれました。
その後も、この店を中心にあらゆる生体を購入しましたが、結果は上記のとおりです。

つまり海水魚飼育をスタートするに当たり、最初に行うことは、

「どの店で生体を買うか?」の選択です。


そうは言ってもスタート時から見極めるのはなかなか難しいですので、見極めるポイントをまとめてみました。

やめたほうがいいお店

①水槽内に死んだ(死にそうな)魚がいる。

 ⇒開店時に死んだ魚が水槽にいるということは、店員が確認できていないからです。
  つまり、ろくな管理をうけていないということです。
  購入時に元気に見えても、かなりのストレスを受けている可能性が高いです。
  自宅水槽への移動というさらなるストレスで・・・。
  
②専門以外のショップ

 ⇒片手間で販売しているショップは避けましょう。出来れば海水魚専門店が理想です。


これがあると信頼できるお店

①魚の入荷日が記入してある(店員さんが記憶している)

 ⇒きちんと管理できているショップは生体の入荷日を記録して、場合によっては掲示しているか、
  もしくは店員さんがだいたい憶えています。
  日々の餌の食べ具合なども把握しているので、欲しい生体に関して有力な情報を得られます。
  状態によっては、販売してくれないこともあります。(お客様目線で素晴らしいです)

②レベルの高いサンゴ水槽がある

 ⇒特にミドリイシなどのハードコーラルと呼ばれる管理の難しいサンゴの水槽があり、
  サンゴがしっかりポリプを広げているようなお店は信頼性が高いです。
  簡単にいえば、南の海にいそうなサンゴが、綺麗に見える水槽があるかどうかです。
  片手間でやっている店では絶対に不可能です。
  
  
ネットショップでもいいお店はたくさんあるのですが、まずは自分の目と足で確認してみましょう。

関連記事

| 飼育を始める前に | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/3-3c30fa4a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。