海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

プロテインスキマー(プロスキ)とは

プロテインスキマーとは、海水中に微細な泡を発生させ、不純物などを取り除いてしまう装置です。
直訳すると「タンパク質除去装置」ということになります。

海に行くと、茶色い泡がたくさん浮いていることがありますが、まさにプロテインスキマーと同じ現象が起きています。
波によって攪拌された空気が、海中の微細なゴミを抱き込んで浮いている現象です。

泡泡


また、プロテインスキマーは水族館や鮮魚店、食品工場や下水処理場などでも、規模は違えど普通に使用されています。
実は身近な所で活躍している設備なんです!!


ところで「タンパク質」って水槽内だと何にあたるのかというと、「フン」や「残餌」です。

P8270075.jpg
※透明な海水の中にも実はこんなに汚れている(゚д゚)!

タンパク質は後に有害なアンモニアに変化しますが、微生物の働きにより無害な物質へと変化していきます。これがいわゆる生物濾過の仕組み。

ですが「プロテインスキマー」は、そのアンモニアに変化する前に水槽内からタンパク質を取り除く事ができるので水質の浄化には、絶大な効力を発揮するのです!!

強力なプロテインスキマーを設置することで、濾材などによる生物濾過が不要になるシステムを
「ベルリンシステム」といい、わずかな硝酸塩やアンモニアすら許されないサンゴ水槽などで有効なシステムの1つになっています。

また、通常の濾材を用いたシステムにおいても濾過を補助する役割が期待できます。
水換えの頻度を減らすことが出来る上に、水の透明度が上がるという効果も!!

また、泡を発生させるということで、海水中に酸素を供給するという側面もあり、これもプラスに働きます。



楽天市場でプロテインスキマーを探す
Amazonでプロテインスキマーを探す


沢山魚を買いたい!!サンゴにいつかチャレンジしたいという人には不可欠の設備です!!
関連記事

| プロテインスキマーとは | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/33-b7e3d6a3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。