海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

白点病になってしまったら①

海水魚を飼育していると必ずお目にかかる病気が「白点病」です。

我が家のナンヨウハギも何度かかったかわかりません。嫁はいつも白い白点を付けているハギに「テンテン」というアダ名をつけて呼んでいたほどです。

「白点病とは」

白点病はクリプトカリオン・イリタンスという寄生虫が寄生する病気です。

はじめはヒレなどに小さな白点が、数個見られる程度ですが、次第に増え始め体全体にみられるようになります。重症の場合はエラなどに寄生し、呼吸困難で死に至ります。
また、感染力が非常に強く、はじめは1匹だけでも瞬く間に感染が広まることがあり、早期に対策が必要になってきます。

「白点虫のサイクル」

魚の体に寄生する白い点は成熟した白点虫です。
白点虫はその後、体表を離れ、水底に沈みます。そしてシストと呼ばれる耐性膜を形成します。このシストには薬は効かないと言われています。
その後、シスト内で分裂を繰り返し、500~1000匹の小虫となり放出されます。
この小虫が魚の体表に寄生し、成長していきます。
このサイクルを4~5日程度で繰り返します。

「発病の原因」

白点病は人間にとっては風邪のようなものです。水槽環境の僅かな変化やストレスが原因になります。
特に以下の3つがその要因として可能性が高いです。

①新しい魚を追加したとき

②急激な温度変化(特に低下)

③水質の悪化

白点病は水質が安定していれば一時的に発病しても、自然に治癒することが多いです。
我が家では幸いこれまでに治療らしい治療はしたことはありません。
それでもかかってしまった場合の対処法を次回に紹介します。
関連記事

| 病気対策 白点病他 | 20:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

白点病

白点病がつぎつぎ出始めたらみんな魚たちは移ってしまうのでしょうか?ご回答宜しくお願いします。

| ゆき | 2012/11/24 16:56 | URL |

Re: 白点病

ゆきさん

結論から申し上げます。
「全ての魚に伝染る」という事はないと思います。

というのも、
白点病の原因は「白点虫」という寄生虫です。

実はこの寄生虫は、ほぼどんな水槽にも存在すると考えて間違いありません。
例え、薬剤を投入した水槽でも撲滅することは不可能です。

つまり、「発症」まで至るのは何らかの原因があった為です。

魚が弱っていた、水温が低下した、新しい魚を追加し濾過のバランスが崩れた、などが考えられます。


状況を詳しく教えていただければ、もう少しアドバイスできますが、魚が元気であれば自然治癒することも多いです。

| ニモニモ | 2012/11/24 19:13 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/34-7339dc34

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。