海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

地震対策について①

水槽があると地震が怖いと思います。
私自身、最近2度の大きな地震を経験していますが、2回とも「倒れたな・・・」と思いました。実際には無事だったのですが。


そこで、なぜ無事だったのか、どんな対策をすれば安心なのか、被害を最小限に食い止められるのかを考えてみたいと思います。

3/11の東日本大震災の時、私は名古屋に出張中でした。
名古屋でも今まで感じたことのないような大きくゆったりとした横揺れが続き、ただごとではないと直感しました。
ニュースで見るとなんと東北地方で大地震とのこと。
青森県の家族の無事を確認した後、水槽の状況を聞いてみた「さすがに倒れたか」と思ったのですが、意外や水が少しこぼれただけとのこと。

あとで確認したところ、震度は5強でした。
ちなみに、2008年の岩手県沿岸北部地震では震度6強でした。


我家の水槽は、マーフィード製の水槽台を使用していますが、この2度の地震を乗り越えたことで、信頼度は非常に高くなりました。

「水槽が動く」

まず大きな地震が発生すると、水槽は大きく動きます。
どんなに大きく重い水槽でも間違いなく動きます。ただし、動く幅は重いほど小さいと言えるでしょう。

「水がこぼれる」

震度が5以上になると、我が家では水がこぼれます。震度4ではこぼれません。
ただし、2階以上にお住まいの方や、水槽に対してナミナミに水を張っている方は、よりこぼれやすいのでご注意ください。

「水槽が倒れる」

幸い未だこの経験はありませんが、最悪の事態のことも考えておく必要があります。

おおむね大きな地震が発生した場合に起こりうることは上記の3つになると思われます。
関連記事

| 地震対策 水漏れ転倒予防 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/39-be06fbb7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。