海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

メタハラとは (メタルハライドランプ)

メタハラとはメタルハライドランプの略です。

初心者の方でいきなりメタハラを導入される方はほとんどいないと思います。
価格的には安価なものでも4~5万、ちょっと上を見れば10万円を越えます。5000程度で購入できる蛍光灯に比べてその10倍!高いです・・・。

それでもメタハラに興味がある方は、やはりミドリイシを始めとするサンゴやイソギンチャクの飼育に興味のある方と思います。

それでも、やはり購入までには躊躇すると思いますのでこのあたりのことを少し書いてみたいと思います。




まず、初心者の方は手を出さないほうが無難です。
蛍光灯で飼えるサンゴやイソギンチャクもいますので生体で工夫をすれば十分楽しめます。

また、最近はLEDの照明も各社から出てきていますので、こちらを検討するのもありです。
価格的には蛍光灯とメタハラの中間ぐらいの価格です。
なにより長寿命、低電力とランニングコストが安いので、今後主力となる可能性もあります。
LED照明については、別途報告します。

私も実は、2年ほど前までサンゴ水槽を維持していたのですが、当時使用していたメタハラが故障しまくり・・・。
2年程度使用していましたが6回程度故障しました・・・。
何度もメーカーに修理してもらったのですが、結局ダメ。
最終的には、返金して頂きました。
メーカーとの間に立って、真摯に対応していただいたショップ(ナチュラル様)には感謝しています。
ということがあり、現在は蛍光灯で魚中心の水槽となっています。

一方、「いや!私はどうしてもミドイイシ飼いたいの!」という方は速やかにご購入ください。
ただし、夏場の高水温対策としてクーラーは必須になります。
メタハラから出る熱量はかなり高いです。蛍光灯の比ではありません。よって購入するなら、夏を乗り切ってからのほうが出費が分散されるので、これからの時期がおすすめです。

余談ですが、水槽用クーラーは季節商品なのでこれからの時期が「買い」でもあります。たたき売りを見逃さないように・・・。

ヤフオクのたたき売りクーラーはこちら

新品の取り扱いが豊富な楽天市場はこちら

さて次回は購入を前提とした選択方法についてご説明します。
関連記事

| メタハラとは | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/56-52944015

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。