海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

プロテインスキマー(プロスキ)の仕組みと種類

さてプロテインスキマーは、微細な泡を発生させて、水槽内の汚れ(タンパク質)を取り除く設備ですが、その仕組みは非常にシンプルです。

基本的に、本体とポンプだけ・・・。

そのシンプルさ故に、「なんで、こんなに高いの?」って思うのもムリはありません。

なかには自作してしまう強者もいますが、水漏れとかを考えるとやはり既製品を購入するのが一番てっとり早いと思います。


※安価でコンパクトな製品も!!

仕組みとしては大きく3種類に分類されます。
エアーリフト式、ベンチュリー式、ダウンドラフト式です。


「エアーリフト式」



その名の通り、エアーポンプを用いて、エアーストーンから泡を発生させて汚れを取り除きます。
エアーストーンには、より細かい泡を発生させるために、ウッドストーンを使用します。

もっともシンプルな構造のため、非常に安価ですが、能力的には十分とは言えません。
45cmまでの水槽であれば、ろ過の補助としての力は発揮できます。



「ベンチュリー式」



もっとも普及しているタイプで、ラインナップも豊富です。
ポンプにエアーをかませ、ポンプの回転を利用し、泡を細切れにして微細な泡を発生させる方式です。

能力的に非常に高い能力を持っています。むかしは比較的大型のものしかなかったようですが、最近は水槽の縁にかけられるような小型の物も出てきています。


「ダウンドラフト式」



プロスキの仕組みの中では最も新しい方式です。
飼育水をドライボールに叩きつけて微細な泡を発生させる方式です。

非常にパワーがありますが、大型で価格的にも高いため初心者向けではありません。


オススメのプロテインスキマーは「こちらの記事」で紹介しています。
関連記事

| プロテインスキマーとは | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/59-a2bbe9e6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。