海水魚飼育 初心者講座

海水魚飼育歴7年の管理人が海水魚飼育初心者のためのノウハウを自身の失敗談を交えながら徹底解説します。そもそも、海水魚って難しいの?設備を揃えるのにいくら掛かるの?すぐに死んじゃうんだけど何が悪いの?そんな疑問にお答えします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小型水槽(45cm以下)での飼育について

小型水槽(45cm以下)は60cmや90cm水槽に比べて状態の維持が難しいと言われています。

そもそも水量が少ないため、僅かな水分の蒸発で比重が大きく変化したり、温度変化や水質の変化もしやすいという欠点があります。

そうは言っても、いきなり60cmからスタートするのは、初心者の方にとっては結構な冒険になりますよね。

逆に小型水槽のメリットはというと、まず初期投資が安いということ。
それから、置き場所の選択肢が広がるという点。
維持費が安い。

やはり、初心者にとって小型水槽は魅力的です。

そこで、小型水槽で飼育をするにあたっての注意点をまとめてみました。





まず考えるべきは、水量の少なさをどうカバーするかという点。

これはこまめにメンテナンスするしかありません。ただ、水量がもともと少ないので水替え自体もそれほどの手間にはなりません。
きちんと習慣つけてしまえば、苦になることはないでしょう。

次に考えるべきは、生体の入れすぎ

サンゴはともかくも魚の入れ過ぎは致命的になります。
ひとたびバランスが崩れると一気に崩壊への下り坂を転がることになります。
少なすぎるくらいがちょうどいいのです。

そして、最も注意すべきは夏場の高水温対策

35℃を超えるような昨今の夏の暑さは小型水槽はかなり厳しいです。
冷却ファンやこまめな水換えでも太刀打ち出来ないでしょう。
もっともいいのはエアコンの管理下に置いてしまうこと。
また、小型水槽用のクーラーも販売されているのでこちらを利用するのも手です。
ただ、ペルチェ式のものは安いのですが、思ったよりも冷えませんので、少々値段ははってもコンプレッサー式がおすすめです。
ペルチェ式だと冷えない割に稼動しっぱなしになるので、結局電気代が高くつきます。

結局のところ、コストは安く済むが、その分手間がかかるというのが小型水槽を維持管理する上でのポイントになります。

次回は、小型水槽おすすめのサンゴ、魚を紹介していきます。
関連記事

| 小型水槽でチャレンジ | 21:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは~
私なんてお店の人に「大丈夫ですよ」と言われて衝動的に始めたものですから・・・しかも30cmだった。
大丈夫じゃないですよ・・・それから本を読み漁って、
半年の間に45cm、60x30cm,60x45scmと良くあるコースを辿りました^_^;
その都度、設備を変えて・・・ 当然、お店も変えました。
その分最初から投資した方が安かったと思います(笑)
もっと大きくしたいけど、マンションなのでここまでです。

| kei | 2011/11/29 22:52 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

keiさん

コメントありがとうございます。

ショップの方も経験があるので、「大丈夫」と進めがちですよね。
本当はそのあとに「そのかわり・・・」があるのですが。

私の場合は淡水魚の経験があったので、最初から60cm規格水槽でスタートできましたが、
初めてだとやっぱり大きいですもんね。

| ニモニモ | 2011/11/30 20:21 | URL |

私も30と45cmもっていましたが、
「小型水槽は数を多く入れない…」っていうのが
実は一番難しいかもしれませんね(笑)
45cmくらいなら、夏場はファンで乗り切れるのでは
ないかと思いますが、たしかにベルチェは冷えませんね。
結局、サンゴやるならクーラーは必要だし、そうなると
コストもかかちゃいますからね。
やはり後々のことを考えると60cmあたりが無難かも
しれませんね。

| あくあ12 | 2011/12/01 10:31 | URL |

Re: タイトルなし

あくあ12さん

コメントありがとうございます。

そうですよね。
後々のことを考えると、結局のところ60cm以上が飼いやすいんですよね。

ただマンションとかアパートとかだと、水をこぼした時のことも頭をよぎります。
60cmだとやばそうだけど45cmならなんとかなる。ような気がする・・・。みたいな。

やはり、小さく初めて段階を経て大きくしていくのがセオリーのような気がします。
皆さん通る道ですし(笑)。
その時に、水槽以外のもろもろの設備はワンクラス上の設備を揃えておくべきでしょうね。

| ニモニモ | 2011/12/01 20:53 | URL |

こんにちは♪

小型水槽で状態良く生体を飼育する
難しいテーマですね(^^ゞ
まぁ
続くか続かないか分らない趣味に
大きさ(置き場所)と初期投資を考えると
60cmにクーラー設備は余程の覚悟がないと難しいでしょう(笑)
水槽が大きい方が水質が安定すると言うのも
実感としてはAquarium経験者でないと湧かないでしょうから。
実際の手間と経費の話しをすると…
「面倒」と言う理由でキーパーも増えませんしね┐( -"-)┌ヤレヤレ...
小型水槽は入れる生体の割り切り次第で
素晴らしい水景を作れると思うのですが
これも始めたばかりの人にはなかなか理解は難しいでしょうね。
やはりある程度の経験も必要となってくるのでしょう。
ニモニモさんの記事が良い道標となるといいですね♪

| ヨッシー | 2011/12/03 10:14 | URL | >> EDIT

Re: タイトルなし

ヨッシーさん

コメントありがとうございます。

そうなんです。経験者の私達には、「難しい」というのがよく分かってるんですけど、初心者さんだとそこら辺の感覚がなかなかつかめないと思うんです。

なので、まずは手軽に始められるところから始めていただくのもアリかなと思ってます。
その上で、極力失敗しないようなポイントを紹介出来ればと思っています。

| ニモニモ | 2011/12/04 22:06 | URL |

おひさです

ニモニモさん、こんばんわっ!

ボクも60cmからはじめました。
規格水槽にするつもりだったけどハイタイプにしてホント良かったって今思ってます。
水量が多ければ多いほど楽チンってやっぱり始めるトキにはわからないし難しいですよね
(ボーナス前じゃなかったら、しかもヨメ連れていかなかったら、規格水槽買ってただろうなぁ)

始めてからサンゴやろうと思うようになったのでこれからが大変!
イロイロ教えてくださいね!

で。。。
コンプレッサー式って何です???σ(^◇^;)

| 梅人〜UMENCHU〜 | 2011/12/14 00:55 | URL |

Re: おひさです

梅人さん、ご無沙汰しております。
年末あたりから、仕事に追われており、更新が止まってました。

コンプレッサーは、空気を圧縮した際に発生する熱を利用して、暖めたり、冷やしたりする仕組みです。
冷蔵庫などが一番身近ですね。

効率がいいいのがメリットですが、その分、図体がでかい、音がうるさいというデメリットもあります。

今年もよろしくお願いいたします。

| ニモニモ | 2012/01/05 15:48 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://aquarium1486.blog.fc2.com/tb.php/70-33a5dcc6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。